瀧熊公認会計士事務所 税理士法人タキグマ 株式会社ウルスパートナーズ

広島の風景

ブログ

 

4期目を迎えた税理士法人タキグマの未来予想図

2024年6月2日

6月1日より税理士法人タキグマは4期目を迎えました。また、新たな気持ちで前に進んでいこうと意気込んでいるところです。この数年間は、組織的には(特に私は)学びの時間でもありました。というのも私は2代目や3代目ではありませんし、もともとは公認会計士として大手の監査法人という組織に約10年所属し、そのあとに公的支援機関に3年所属(この経歴は業界的には異色でありこれが今の競争優位の源泉となっています)していました。監査法人と税理士事務所は似ているようで全く非なるもので、私は独立して税理士登録をおこなってはじめて税理士業界に触れたことになります。

最初は広島で大手の税理士事務所や老舗の税理士事務所はどこですか?くらいのレベルでしたが、ようやく税理士業界について理解が深まってきたところです。

税理士法人タキグマの現在は、私と同じく資格者である妻も入れて6~7名規模の事務所ですが、30名規模以上の税理士事務所の多くは2代目や3代目であることもわかってきました。

1代目の私がこれからどのような未来予想をたてていくのが悩んでいたつい先日、ある社長に言われたことがあります。「瀧熊さんは10名規模の精鋭で30名~50名規模と戦っていくタイプじゃろ・・・」なんでですか?と聞き返してみるとお客さんの獲得やスタッフの採用の考え方にもろにその色が出ているとのことでした。うすうすは気が付いていたものの、ストレートに言われてみるとなるほど!と妙に納得させられてしまいました。当事務所は、会計事務所はサービス業(コンサルティング業)であることと人材育成面ではお客様の心情を理解し寄り添う力を身につけることをこだわりをもって繰り返し伝えていますし、採用に関しても特にその点に強くこだわっています。

基本的な会計知識や税務知識はもちろん必要ですが、その人が本来持ちあわせている感性や親切心を大事にしています。

このような採用戦略ですので10名体制になるまでもう少し時間がかかるかもしれませんが、焦らず着実に行きたいと思います。

知名度は大手にはかなわないものの、他にはないきらりと光るものが明確にあり、お客様にみつけていただいた際には、いいものに出会えて本当に良かったと心から思っていただける知る人ぞ知る税理士事務所が私の理想かもしれません。

目指すところは「どこよりもお客様を笑顔にする税理士事務所」です。

また1年頑張ってまいりますので引き続きご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申しあげます。